学資保険の必要性については、家庭ごとにその必要性は違ってくると思います。なぜなら家族の今の状況や考え方によっては必要がないというところもあるからです。

学資保険というのは入っていればそれで安心という商品ではなくて、教育資金を先々で困らないようにするために入る商品です。

学資保険は親に万が一のことがあっても、万紀学資金が全額もらえるので保障がありますから必要であると言えば必要であるのかもしれません。

しかし契約内容を確認してもしかすると親単独で入っている死亡保険の保障がかなり額の高いものに入っているという場合なら、育英給付金をつけてまで学資保険に入る必要はないのです。返戻率が100%以下の学資保険に入ることのメリットもあまりないかもしれません。
特に今の日本の経済状態では利回りも悪いですから学資保険に入ったところでそれほど得をするというようなことはありません。利回りがよかった時は加入しておいた方が絶対にいいというようなことがありましたが、今はそれほどの価値はないと考えられています。

ですから学資保険に入ることが本当に家計にとっても家庭にとっても必要なことなのか、まずはそのことについてを理解したうえで 加入した方がいいでしょう。子供が産まれたら絶対にすぐに学資保険に入らないといけないってわけでもないようなので、一度よく検討したうえで学資保険について考えてみましょう。必要性について見直してみましょう。

学資保険の育英年金という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、育英年金は学資保険に入っている時に契約している親などが死亡したり高度障害になってしまった場合などに学資保険が満期になるまで育英費用を年金という形で受け取ることができるという仕組みのことをいいます。

育英年金付きの学資保険というものにはいれば親に万が一のことがあっても安心ということになります。育英年金付きでない場合でも学資保険の特約として育英年金をつけることができる場合もあります。

簡単に言えば親が万が一の場合にはそれからの保険料は支払わなくてもいいし、それでも満期がくれば満額学資保険金を受け取ることができるという仕組みになっているわけです。

こういった学資保険の特徴としては、保障が手厚いことからお得で賢く学資保険に入ることができていると思っている人も中に入るかも知れません。しかし実際には保障型の学資保険に入りますから貯蓄型の学資保険に比べてみると返戻率は100%を切ってしまいますからお得で賢く学資保険に加入しているとはあまり言えないかもしれません。

本当に育英年金が必要であるかどうかを考えたうえで加入することをお勧めします。ひとによっては親の生命保険でたくさん保障をつけたうえで加入しているという人もいると思います。その場合には学資保険には育英年金は必要ないと思いますから貯蓄型に加入しておいて少しでも返戻率が高いものを選んだほうがいいということになるわけです。

学資保険の満期保険金は生命保険に入っている場合に、契約したときに満期を決めますがそれまでに生きていた場合にもらえるお金です。

学資保険の時にはだいたい満期額資金と呼んだり、満期祝い金といった言葉で呼ぶことが多いと思います。学資保険の時には、満期の時期というのは17歳であったり18歳であったり、20歳、22歳といったように自由に設定できる保険が多いと思います。

その中で一番加入している人が選びやすい満期の時期というのが18歳で、これは大学入学のときの費用に用立てたいと思っている人が多いのが理由だそうです。しかし入学金を実際に支払う時期のことを考えてみると17歳満期にした方がいいという意見もあり、入学金の建て替えをしなくてもいいようにするためには満期保険金を17歳で受けとっている人も多いと言われています。

学資保険の場合には満期までに祝い金を受け取れるところも増えてきましたが、祝い金を受け取れるタイプに加入すると満期保険金の額というのは最終的には少なくなることになりますから、満期で満額手にしたいと思っているのか、それとも進学するときのお金も必要だと思っているのか、どちらが自分たちの経済状況やライフプランにあっているのかということをよく考えたうえで加入するようにした方がいいと思います。

学資保険の満期保険金の額や満期の時期はそれぞれの保険会社によっても違っていますし、内容なども自由に選べる場合もあります。

学資保険に入る場合の注意点について紹介していきたいと思います。まず学資保険に入る場合には今加入している保険も含めて、保険内容が重ならないようにする必要があります。そして受け取る満期保険金、祝い金などにも所得税がかかってくることなども頭に入れて選ばなくてはいけません。

保険内容が重なっているということは一体どういうことになるのかというと、たとえば学資保険に入るより前にすでに他の生命保険に入っていたり共済にはいっている場合には保険内容をチェックしてみてください。保険内容をチェックしてみて、内容がかぶっていればその保険に入る必要はないですね。内容がかぶってしまったという場合には貯蓄型の保険を選ぶといいでしょう。

医療保険や死亡保険に一切履いていないという場合には親や子供に保障が必要ですから学資保険に入りながら医療保障もある保障型の学資保険を選ぶようにします。保証無いようが重複しているのかどうかを見ることで余分な保険料の支払いを抑えられます。

そして注意点として所得税がかかってくるという話になりますが、満期額資金も祝い金も所得税がかかってしまいますから、確定申告で申告するなり年末調整の時期に申告するということが大切です。一時所得の場合には最高額が50万円の特別控除の対象になっていますから、一時金を50万円以上もらわない限りは一時所得の対象になることはあまりないと言われていますがよく確認しておきましょう。

学資保険の祝い金はよく聞かれる言葉として知られていますが、少し前までは学資保険と言えば満期の際の金以外は受け取ることができなかったと思います。しかし最近は祝い金といって満期にまとめて学資金を受け取らないで、途中で入園や入学のときにも学資金が支給されるというタイプのお金です。進学学資金と呼んでいたり生存保険金、一時金といったような呼ばれ方もしていますが祝い金といういい方が一般的になじみ深いかもしれません。

祝い金と聞くと学資保険をかけている保険会社に、お祝いとしてお金がもらえるとても素晴らしい学資保険と勘違いする人も多いと言われているのですが、この祝い金は保険会社が支払ってくれているのではなくて、自分で支払った保険料の中から最初から計算されたうえで上乗せされているお金なので、結局は自分が支払っていたお金を分割で受け取れるというだけのことになります。

例えば学資保険の中では満期額資金で300万円というタイプがあったとします。祝い金がないタイプなのか、それとも満期額資金は200万円で、中学にはいれば50万円、高校で50万円といったように結局は300万円もらえるけど途中でもらえるか最後までもらえないのかということになってきます。

満期額資金の合計額を確認したうえで祝い金がもらえるタイプの学資保険を選ぶのか、それとも祝い金は必要ないのかを考えて行くといいと思います。どちらにしてももらえる総合計は同じであるということです。

太陽生命の学資保険は、契約をしている人に万が一のことがあればそれ以降の保険料は免除になって満期額資金ももらえるという一般的な学資保険です。しかもそれに加えて、三大疾病になった場合には、保険料が免除になり、こちらも満期額資金をもらえるという、学資保険の中では唯一の学資保険として知られています。しかしこのような条件で学資保険に加入する場合には保険料払い込み免除特約をつける必要があるので覚えておきましょう。

太陽生命の学資保険は、幾英金などの特約をつけないととても単純な仕組みになっていて、返戻率についても100%以上になる貯蓄型の学資保険です。子供さんの条件については無選択になっているので、障害があるお子さんでも学資保険に入ることができますし、ぜんそくなどの持病を持っていても加入することが可能です。育英年金を特約としてつけることで三大疾病になった場合でも育英年金がもらえますから安心です。

また太陽生命の学資保険では祝い金を受け取るのは10月となっています。なぜ10月なのか、それは年齢に達してすぐの10月ですから推薦入試の際の費用や納期が早めの入学金をそのお金で支払うことができるので嬉しいですね。

そして節目の入園入学にも祝い金や学資金を受け取ることができる学資保険になっています。これは請求をすることでいつでも引き出すことが可能なので、本当に銀行に貯蓄しているのと同じ感覚でいつでもお金が出せるメリットもあります。

学資保険には誰でも加入できるとは限りません。学資保険に加入できない人も中にはいます。どんな人が学資保険に加入することができないのでしょうか。

そもそも学資保険も生命保険の一つですから契約をする人や子供の今の健康状態や病気のことなどについては告知したうえで加入しなければいけません。生命保険に入るときに告知をしたり医師の診断を受けて加入できないという人がいるのと同じで学資保険も加入できないかもしれません。加入できなかもしれないからといって告知をする段階で嘘を告知した場合は告知義務違反になりますので十分に注意しましょう。

学資保険の場合は一般的には保険会社で保険契約者や子供の年齢制限を設けていることがあります。年齢制限をまずはクリアしなければ加入したくてもできないのです。

学資保険を契約する契約者である親の年齢制限としては男性は18歳から女性は16歳からになっていて60歳までとなっています。そして子供の年齢の方は、0歳から15歳ということになっていますが最近は学資保険の中には0歳になる前、つまりお腹にいるときから学資保険に入ることができるというタイプのものなどもありますので、確認してみましょう。年齢制限や告知した内容によって、学資保険には入ることができないというケースもあるので、まずは自分で学資保険に加入することができるのかどうかを確認したうえで申し込みをした方がスムーズに加入できるのではないでしょうか。

学資保険料の払い込みについては色々な方法があります。月々支払っていくというスタイルの月払いは、決められた学資保険料を毎月支払っていくという方法です。この方法を利用している人が一番多いと思います。

そして次に学資保険料の払い込みを半年払いにしているという方法です。半年払いは決められた保険料を半年に1回支払うというスタイルになります。他にも年払いといって1年間の学資保険料が決まりますので、決まった保険料を年に1回支払うという方法もあります。

人によってはボーナス併用で学資保険料を支払う人もいると思います。毎月保険料を支払ったうえにボーナス月には1年間に2回ボーナス払いもして額を増やしていくというものです。

また学資保険料は前納もできますから、何回分か最初に保険料を支払っておくという方法も可能です。一時払いという方法もあり、これは契約している保険期間の全部の学資保険料を支払ってしまうという方法です。一括でまとめて支払ってしまうという方法になります。このように学資保険料の支払いに関しては色々な支払い方法がありますから、自分の家計のと相談したり貯蓄などがある場合にはそれらと相談しながらどうやって学資保険を支払っていくのかということをあらかじめ考えておくといいと思います。

経済的に無理のない程度に学資保険料を支払っていくのが一番です。無理をしてしまうと途中で解約をしなければいけな人も出てくると思いますし、そうなると損をすることもあるからです。

学資保険と言えば数年前までは郵便局の学資保険しかなかったので選び必要がありませんでしたが、ここ数年色々な保険会社で学資保険が販売されていますから自分たちで選ばなくてはいけない状況になっています。

学資保険を選ぶ際のポイントのひとつ目としては学資保険が必要かどうかをまずは考えましょう。もしかすると学資保険が必要ではないとうケースもあるかもしれません。たとえばキチンと着実に自分は貯蓄して将来の学費を用意することができるといい切れる人には必要ありませんし、他の生命保険に入っていて、その生命保険の保障が十分につけられているのなら親が万が一のことがあっても教育資金は必要がありませんから、入る必要がありません。学資保険が必要かどうかをまずは考えて選ぶことが大切です。

そして学資保険が必要ということになれば次に選ぶポイントとしては貯蓄型の学資保険を選ぶのか、それとも保障型の学資保険を選ぶのかそういうことがポイントになってきます。どちらを選ぶかはその人のライフスタイルや、今加入している生命保険、医療保険によって違いますからどちらかを選びます。

そして学資保険の選び方の三つ目としては満期の時期で決めるという方法も愛rます。貯蓄型なのか保障型なのかが決まったら満期の時期を決めていきます。そして満期保険金額を設定することになります。毎月いくらの保険料を支払うのかということも併せてこの時点で考えて行き、学資保険を選ぶことになります。

学資保険には大きく分けると貯蓄型と、これから説明する保障型の二つに分けることができます。保障型の学資保険というのはお子さんに万が一のことがあった場合の医療保障がついていたり、死亡保障が付けられている学資保険のことをいいます。具体的には、契約者に万が一のことがあっても、育英年金が満期までもらえますし、死亡保険金も受け取れるという保障に加えて、こどももけがや入院をしてしまったり、通院や死亡といった場合には、保証が付くというのが特徴です。

例えばどんな学資保険などにこの保障型のものがあるのかというと、ソニー生命の学資保険は一切保障はありません。あれは貯蓄専門型の学資保険になっていますから注意しましょう。

例えば子供さんに既に生命保険をかけているという人や共済などに加入しているという人などの場合には医療保障はそちらで十分に補えると思いますから、わざわざ医療保障付きの学資保険を選ぶ必要がありません。重複して入るということは保険料の無駄になるので注意しましょう。

保証型の学資保険を商品として販売しているところとしては郵便局のかんぽの学資保険もその一つですし、日本生命の学資保険も保障型の学資保険になります。まだ医療保険に入っていないという人で学資保険を考えている人なら保障型がいいと思いますが、医療保険に入っているのであれば学資保険を選ぶ際には貯蓄型を選んでおいた方がいいと思います。無駄な保険料の支払いがありません。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY